「をかしの園」の近くの山のてっぺん。
をかしの綿の種を植えて下さっているプロの農家さんがいます。

誇張でもなんでもなく、ほんとうに山のてっぺんにある畑なのです。

肥えた土でぐいぐい育っている棉たち!

ん?同じ種なのに、写真の右と左で生育が違います。
実は同じ畑でも、日当たりが全然違うんです。

棉は暑い国原産の植物なので、太陽がだーいすき!
日当たりひとつでこんなにも育ち具合が変わっちゃうんですね。

天空の畑びとにお話をうかがう

身長ほどに育った棉。
こちらの畑ではもうほとんど花が終わり、コットンボールがふくらんできていました。

ここで、天空の畑びとから伺ったお話を披露。

植物の成長には「栄養成長」と「生殖成長」と呼ばれる成長の違いがあります。

「栄養成長」の時期は茎や葉がぐんぐんと伸びますが、子孫を残すための花や実がつきません。

ある程度「栄養成長」が進むと「生殖成長」へと切り替わります。

「生殖成長」は名前の通り、実や種を作る時期です。
今日うかがった天空の畑も「生殖成長」まっさかりでした。

畑を見せていただいていると、青々と茂った葉のかげで、はじけたばかりのコットンボールを発見!

見つけられますか?

写真の中央、少し左上の位置に白い綿が見えるでしょうか。

まだガクが青い瑞々しい綿が秋の陽を受けて輝いていました!

次々にふくらむコットンボール

もうパンパンにふくらんだコットンボールがいっぱいでした。

そして思いがけないサプライズ!

天空の玉座

なんと!
天空の畑びと氏が、私たちのために縁台をこしらえて下さっていました!

まるで天空の玉座です。

周囲を囲むように立っているのは檜。
縁台に寝転ぶと、頭上に檜の濃い青色の葉が揺れています。

贅沢な景色をおすそわけ

林をわたってくる風も檜の香り。
とっても爽やかで心地よかったです!

秋の収穫は、張り切って頑張りますよ~♪(ゆえ)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です